• ホーム
  • ヘルペスは市販薬でも治せる?バルレックスがおすすめ

ヘルペスは市販薬でも治せる?バルレックスがおすすめ

2019年11月07日
困っている男性

ヘルペスはその症状によっては市販薬でも治せる可能性があります。市販薬の中でも特によく用いられているのがバルトレックスです。バルトレックスは主成分をバラシクロビル塩酸塩とする薬です。ウイルスDNAの複製を阻害することにより、ウイルスの増殖自体を抑える作用を持ちます。増殖が出来なくなったウイルスは死滅することになるので、ヘルペスが治るということです。バルトレックスはヘルペスの治療だけでなく、再発防止にも使われることがあります。バルトレックスは単純疱疹と帯状疱疹の両方に使うことが出来ますが、それぞれに対して使い方が少し異なっています。単純疱疹の場合は基本的に1錠を1日に2回服用します。一方で帯状疱疹の場合は1錠を1日に3回服用するのが一般的です。帯状疱疹の方が症状が重いケースが多いので、服用頻度も少し高めになっています。服用中は普段よりも多めに水分を取ることが重要となります。バルトレックスの副作用としては頭痛、眠気、吐き気などがあります。これらはある程度想定されている症状ではありますが、生活に問題が発生するほど強い副作用が発生した場合には、服用を中断するようにしましょう。ごくまれに重い副作用として呼吸困難やアナフィラキシーショックなどが発生することもあります。その場合にはすぐに医師に相談することが大切です。

バルトレックスは高い効果を持つ薬ではありますが、少々値段が気になるという方もいるかもしれません。そこでお勧めなのがセントレックスです。セントレックスとは、バルトレックスのジェネリック医薬品であり、ほとんど同じ効果が期待できるにも関わらず価格が安いというメリットがあります。長期間服用することを考えても、ジェネリック医薬品を使用することは有効と言えるでしょう。バラシクロビル塩酸塩の効果により、ヘルペスウイルスに対処することができます。

ヘルペスウイルスの増殖を抑える薬としては他にもゾビラックスがあります。ジスロマックなど幅広い種類の中から自分に合った薬を使用することが重要と言えるでしょう。ゾビラックスやジスロマック、バルトレックスなどの違いはそれほど大きくありませんが、どれが最も効果が表れるかについては個人差があります。ヘルペスの治療薬はいずれもウイルスの増殖や活動を抑える機能を持っています。その効果は決して小さくない分、副作用に関しても侮ることは出来ません。ある程度までは自己の判断で治療薬を選ぶことが可能ですが、症状が重い場合には病院で処方してもらうことも有効です。病院から処方してもらうことにより、治療薬の服用中に何かあったときにすぐに相談しやすくなります。治療薬を使用する際には用法と用量を守ることが欠かせません。たとえ効果がすぐに出なかったとしても、継続的に服用し続けることで効果が徐々に表れるケースもあります。様子を確認しながら服用を行うことが重要と言えるでしょう。

関連記事
ヘルペスで頭痛が起こるヘルペス脳炎という病気がある

ヘルペスにかかってもかゆみや痛みが発生するだけなのでは、と考えている方も多いかもしれません。しかし、実際にはヘルペス脳炎と言う恐ろしい病気も存在しています。ヘルペスは唇や性器に出る症状がよく知られていますが、脳などにもヘルペスの影響が出てしまうことがあります。脳でヘルペスの症状が出てしまった時に起こ...

2019年12月13日
妊活したいなと思ったらまず性病チェックを視野に入れておこう

昨今、妊活を行う方が増えていますが、性病は妊活において大きな妨げとなってしまうことがあります。いくら妊活を頑張ってもなかなか結果に繋がらない場合には、性病が原因であるケースも珍しくありません。そこで妊活を始める前の段階から性病かどうかのチェックを行っておくことが大切です。もしも、性病であることが分か...

2020年01月19日
ヘルペスと間違えやすい病気とはどんな病気か?

口唇ヘルペスはウイルスによって引き起こされる症状であり、ウイルスへの対処をすることによって完治させることも出来ます。しかし、口唇ヘルペスでないにも関わらず、抗ウイルス薬を使った場合には症状が治らない可能性があります。それゆえに口唇ヘルペスなのか、それ以外の症状なのかを見分ける必要があります。口唇ヘル...

2019年12月31日
身近に発生する性病とはどんなものがあるのか?

性病の中でも特によく知られているものの1つがクラミジアです。クラミジアは正式にはクラミジア感染症と呼ばれます。これはクラミジア・トラコマチスという病原体が感染することによって起こります。女性の性感染症の中では最も多いとされています。クラミジアは子宮頸部、咽頭、性尿道などに感染します。その結果炎症など...

2019年11月23日
帯状疱疹は帯状ヘルペスとも言われている

ヘルペスの種類の1つに帯状疱疹があります。これはお腹から背中にかけて帯状に水ぶくれが現れる病気であり、皮膚に幅広く症状が出るところに特徴があります。帯状ヘルペスと呼ばれることも少なくありません。一般的には体の左右どちらか一方に水ぶくれが出ることが多いです。他の病気などで免疫力が低下しているときは、水...

2019年10月26日